AGA病院の情報サプリ

AGAの場合、ジヒドロテストステロンが原因であるとわかっていますので、専門の病院へいって診察してもらうのがベストです。

AGAだから病院へ行こう!

髪が薄くなるのは遺伝だから仕方がないと諦めている人って結構いませんか?

確かに代々髪が薄かったりすると、髪が薄くなるのが当然って思ってしまいますよね。

でも男性の髪が薄くなる原因にはAGAであることが多いのです。

このAGAによって髪が薄くなっている場合、その進行を止めることができるのです。

AGAというのは思春期以降の男性であれば、誰にでもなる可能性のある男性ホルモンに関係している脱毛症のことをいいます。

額の生え際やつむじあたりの頭頂部の髪の毛薄くなっていませんか?

AGAの場合、なぜ脱毛してしまうのかといえば、それは血液中を流れている男性ホルモンが毛母細胞に達した時に、ジヒドロテストステロンという物質に変異し、髪を脱毛させる命令を出します。

AGAの脱毛部にはこのジヒドロテストステロンが量産していることがわかっています。

髪は通常生えてから、太くなってコシのある健康な毛髪に成長しますが、ジヒドロテストステロンが多くなると、髪の成長期がなくなり、赤ちゃんの様な産毛のまま成長せず、髪が抜け落ちてしまいます。

AGAの場合、ジヒドロテストステロンが原因であるとわかっていますので、治療して進行を止めることができます。

AGAかもしれないとわかったら、専門の病院へいって診察してもらうのがベストです。

AGAの治療をしている病院は日本全国にあり、インターネットで検索すると治療法や評判も合わせて調べることができます。

分かる!AGAの病院